AIDLG-AJE 2016

2016年日本語教育シンポジウム

 ==> visit the official SYMPOSIUM WEBSITE

参加申し込みは5月30日までです。

第20回AJEヨーロッパ日本語教育シンポジウム
第5回AIDLGイタリア日本語言語学・日本語教育学会

(English follows)

主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJEおよびイタリア日本語教育協会
(AIDLG
日時:  201677日(木)〜 20167月9日(土)
場所(会場): イタリア、ヴェネツィア「カ・フォスカリ」大学

テーマ: 
ウェルフェア(well-being) を目指す日本語教育

言語学習と言語多様性が、個人と社会の両者に、ウェルフェア(well-being)をもたらすものであるということは、以前から知られている。つまり言語の知識は、話者あるいは学習者にとって、精神的、物理的、審美的、また経済的なウェルフェアに貢献する資源であると言える。実際、言語学習は、新しい言語によって新しい社会に参加したり、自分自身の活力や可能性を高めたいという欲求によって直接動機付けられるということが長年にわたって指摘されてきた。これは言うまでもなく、個々人に様々な豊かさをもたらすものである。ウェルフェア言語学の必要性は、例えば、災害時のやさしい日本語の使用にも明らかになる。ゆえに、日本語教育は、言語学習者に主眼を置いた教育とその研究のために、ウェルフェアに注目することが重要であろう。言い換えれば、日本語教育の焦点は、日本語そのものではなく、その学習者になければならず、日本語が学習者自身にどのように役立つのかを検討する必要があるのである。それによって、日本語教育は言語自体の問題ではなく、より幅の広い問題の解決、ひいては個々人の豊かさに貢献することになるであろう。本シンポジウムは、このような考え方にもとづいて新たな日本語教育に向け、以下の二つのテーマを扱う:
(1)日本語教育のイデオロギーと実践を再考する
(2)日本語教育に役立つ言語学
使用言語: 英語・イタリア語・日本語
発表原稿受付: 2015年12月7日から2016年1月31日>>>>2016年2月15日(月)まで延長
使用言語:イタリア語、英語、日本語のいずれか
査読結果: 20163月末予定

AIDLG事務局長からのお知らせ

発表者募集

講演

会場案内

The 2016 Symposium on Japanese Language Education

The 20th Japanese Language Symposium in Europe (AJE)
The 5th Conference on Japanese Linguistics and Language Teaching (AIDLG)

co-organised by AIDLG and AJE
Ca’ Foscari University of Venice
 (Italy)
July 7-8-9 2016

Conference theme: Japanese Language Education for Welfare (well-being)

It has long been known that language learning and language diversity contribute to the welfare of both individuals and societies. Knowing languages gives speakers or learners access to resources which can contribute to their mental, physical, esthetical and economic welfare. As a matter of fact, research into language learning motivation has for many years stressed that motivation is most crucially based on factors such as the desire to participate in a new society via a new language or to empower oneself by adding a new language to one’s repertoire. Both these phenomena are therefore part of improving one’s welfare or wellbeing. The aspect of welfare becomes also evident in cases such as, for example, Easy Japanese (Yasashii nihongo) used for information after natural disasters. Focusing on social welfare functions in language education is thus an important feature for language education which places the language learners in the center of attention. In short, we need to ensure that the focus of attention is on language learners of Japanese and not on the target language Japanese. We need, in other words, look at the role of Japanese in promoting learners of Japanese. In so doing, Japanese language education contributes to solutions of problems which encompass matters of language in the strict sense. It contributes to matters of welfare. In order to develop Japanese language education along these lines of thought, the present symposium focuses in two topics:
(1) Rethinking Japanese language teaching ideologies and practices
(2) Linguistics for Japanese language pedagogy
Conference languages: English, Japanese, Italian
Online submission:  2015, December 7 – 2016, January 31 >> extended to 2016, February 15
Notification on abstract review results: End of March 2016

Letter from the General Secretary

Call for Papers

Keynote Speakers

Location